中年もっくんの投資と闘病の話

病気に負けず勤勉・倹約・投資をモットーに豊かな生活を目指すブログ

双子の卵(二黄卵)に当たりました。

こんにちは、中年もっくんです。

 

カレーライスに生卵をかけて食べようと卵を割って落としたら、黄身が二つの二黄卵でした。これはラッキーなんですかね。生涯で二度目の二黄卵との出会いでした。前に出会ったのは、記憶にないくらい昔の出来事です。

 

f:id:mokkum:20190421211334p:plain

 

今日は家族が出掛けていたので、このラッキーな出来事を家族に見せられないので、記事に残しておきます。この後、カレーをかけて、美味しくいただきました。ついでに二黄卵について調べてみました。

 

 

二黄卵はAmazonで売られている

なんと、二黄卵はネットで売られているんですね。

 

「合格祈願たまご」らしいです。何でも商売になるんですね。

 

二黄卵について

二黄卵は、産卵を始めたばかりの若鶏に多くみられる現象だそうです。若い鶏たちは、まだ排卵のリズムが安定しない為、複数の卵黄が連続して排卵される事で二黄卵になるそうです。若鶏の一時だけ生むことができるので、二黄卵は養鶏場の卵生産量のわずか1%程度との事。非常に珍しいので縁起がいい、だから「幸せを呼ぶ卵」とも呼ばれているそうです。ちなみに薬物によるものではないので、安心して食べられます。

黄身が複数個の卵を複黄卵といい、ギネスブックには九黄卵が登録されているそうですよ。それはちょっと気味が悪いですね。

 

ではでは。