中年もっくんの投資と闘病の話

病気に負けず勤勉・倹約・投資をモットーに豊かな生活を目指すブログ

ふるさと納税の返礼品の改悪がすさまじい。総務省の後出しジャンケンはいかがなものか。

こんにちは、中年もっくんです。

総務省の通達により、ふるさと納税の返礼品が改悪されています。これは地方自治体のせいではなく、総務省が悪い。総務省は制度設計の際に、きちんとガイドラインを決めずに本制度をスタートさせたため、後出しジャンケンで、「返礼品を寄付額の3割以下」に抑えることや「地場産品」にすることを制度指定の条件に加えた。

f:id:mokkum:20190331090555j:plain

自分の場合の一例ですが、
①三木町の米、20kg/10,000円 → 20kg/19,000円
②吉備中央町の米、20kg/10,000円 → 15kg/10,000円
③都城市の豚肉、5kg/12,000円 → 5kg/16,000円
④上峰町の豚肉、3.6kg/10,000 → 3.6kg/15,000円
という改悪具合で、全体的に2/3以下の価値になるんじゃないでしょうか。

被害を受けているのは、返礼品を受け取る側だけではなく、もちろん地方自治体も苦労されているようです。地方自治体が努力して収入を増加させたのに、中央官庁が上から目線で地方をいじめる。地方創生なんて、本気で実行する気ないんやろ。以下はいくつかの記事の抜粋です。

「ふるさと」多額4市町の交付税を減額

総務省は22日、ふるさと納税で多額の寄付を集める大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町に対する2018年度特別交付税の3月分交付額について、災害関連を除き交付しないことを決定した。前年同月分交付額より約7億1100万円減額し、計8400万円となる。

 

総務省のお達しを守った結果

香川県内の自治体でふるさと納税寄付額が最も多い三木町が、子育て支援施設の建設を中断した。総務省の制度見直しのあおりを受け、当て込んだ寄付額を確保できる見通しが立たなくなったためという。

 

原発事故から復興中の町の話

原発事故後、町独自の判断で避難指示を出した広野町。2012年3月末の避難指示解除後、営農再開を復興の柱に据えた町は15年、ふるさと納税の目玉返礼品としてコメを選んだ。コメで5割超えの返礼率は全国トップレベルの「お得感」で、今年度は「1万円で20キロのコメ」(返礼率52%)を用意。寄付を募集した昨年7~9月の3カ月で1571件(1571万円)を集めた。町は超過を認識していたが、遠藤智町長は「寄付に厚情をお返ししたかった」として高い返礼率を維持していたが、総務省が昨年9月に3割超の自治体名を公表すると事態は一変する。広野町は3割以下に抑えるため、寄付額を1万7千円に引き上げた。その結果、寄付は激減。昨年10~12月は76件(76万円)にとどまり、前の3カ月の20分の1以下に落ち込んだ。今年に入っても寄付は低調だ。

 

賠償問題も出てるらしい

春日井市がふるさと納税の返礼品として高級自転車を贈るのをやめたため損害を被ったとして、返礼品用の自転車を用意していた同市の自転車販売会社が15日、市に7500万円の損害賠償を求める訴えを名古屋地裁に起こした。訴状によると、同社は市と契約し、2015年12月から、ふるさと納税の返礼品として、海外ブランドの高級自転車を市に提供。市との取引を優先し、在庫切れがないようにすることを市から求められ、他の販売先との取引を断るなどしていたという。
 市は、総務省が高額な返礼品の取り扱いをやめるよう通知を出したことを受け、17年9月末で自転車の提供を取りやめると同社側に通知し、昨年末の時点で、同社が確保していた高級自転車など1570台が在庫として残った。同社は、損害は総額約1億4500万円に上るとし、その一部の支払いを市に求めている。春日井市は「返礼品の受付期間の短縮について書面で合意しており、損害賠償には応じられない」とコメントした。

 

家計のために返礼品を楽しみにしている庶民。
地方の財政問題をふるさと納税で解決した自治体。
返礼品を提供して赤字を脱した地方の中小企業や農業・畜産を営む方々。

総務省の後出しジャンケンで弱者の苦労が報われない結果に。先日のTV番組で「泉佐野市のやり方の是非を問う」という番組がありました。いろんな意見がありました。コメンテーターの中にふるさと納税の制度設計に関わったという人がいて、その方は「泉佐野市のやり方は全然OK,地方に自由にやってもらえばいい」と仰っていました。

地方創生という政府のスローガンがあるにもかかわらず、中央官庁からの嫌がられとも思える本通達。中央省庁は ”事なかれ主義のお役所仕事" なので、地方の事なんか考えてない。それはこの際、仕方がない。それがお役所というものである。しかし政府にはもっと地方の実態を知ってもらいたい。イヤ、実態を知っているのに選挙に大きな影響がないから知らん顔しているのか? 野党は野党で、スキャンダラスなネタばかりで国会の貴重な時間を潰さないでほしい。野党にはもっと国益のために動いてほしい。これは無理なのか?野党は反日なのか?

 

中年もっくんは高校生の父親です。20年後、30年後、あるいは子供の老後は大丈夫なのか。すごく心配です。

 

今回は批判的な話になりました。個人的な意見ですので、気を悪くされた方がいたら申し訳ありません。

 

ではまた。