中年もっくんの投資と闘病の話

病気に負けず勤勉・倹約・投資をモットーに豊かな生活を目指すブログ

おすすめヨーグルトメーカー アイリスオーヤマ IYM-013でグリコBifiXヨーグルトを初めて作ったよ。

こんにちは、中年もっくんです。

 

今日は有給休暇を入れたので、昨日から4連休中です。

 

先日、TV番組でヨーグルトメーカーの話題があり、妻がヨーグルトを毎日食べているので、コスパ向上のため、アイリスオーヤマのIYM-013を買いました。この商品は、ヨーグルトを牛乳パックのまま作れるタイプです。タイマー1~48時間、温度25~65℃と細かい設定ができるので、ヨーグルトだけではなく、いろんな発酵食品(甘酒、塩麴、納豆、フルーツビネガーなど)が作れるそうです。

 

f:id:mokkum:20190322090506p:plain

 

今回の記事は、初めてヨーグルトメーカーを使った感想です。 上手く出来たかな?

 

 

ヨーグルト選び

普段はスーパーの安売り品を買っていますが、どうせ作るなら高価なヨーグルトが良いですよね。我が家は、妻が便秘、息子が花粉症でお腹が弱い、そして自分が腎臓病。不健康な一家です。それで、ヨーグルトの種類を調べてみると、菌種がたくさん・・・。商品によって菌種が違うんですね。ヨーグルトは "乳酸桿菌の「ブルガリア菌」と乳酸球菌の「サーモフィラス菌」の2種類で乳酸発酵しているもの” だそうです。

有名どころでは、明治ブルガリアヨーグルトは「LB81乳酸菌(ブルガリア菌2038株とサーモフィラス菌1131株)」、森永ビヒダスヨーグルトは「ビフィズス菌BB536」という菌種からできているそうです。どちらも整腸作用があるとのこと。

特徴的な菌種としては、明治プロビオヨーグルトLG21のLG21乳酸菌:ピロリ菌除去効果、明治プロビオヨーグルトR-1の1073R-1乳酸菌:免疫力の向上、明治プロビオヨーグルトPA-3のPA-3乳酸菌:血清尿酸値の上昇抑制、あと高濃度ビフィズス菌のグリコBifiXあるようです。どれにしようかな。

妻が頑固な便秘なので、腸内フローラを整え便秘に効果がありそうな高濃度ビフィズス菌のグリコBifiXに決めました。ドリンクタイプなので牛乳とうまく混ざりそうです。では、近くのスーパーへゴー!

 

↓ 今回はこのセットでやります。

f:id:mokkum:20190321094632p:plain

 

いざスタート

牛乳は常温で1時間ほど放置しました(発酵がスムーズに進むそうです)。その後100mLだけ別容器に移しました。牛乳パックにヨーグルトを全量(112ml)投入。牛乳パックごと程よくシェイクします。液体同士なので、棒でかき混ぜなくてもOK。そしてヨーグルトメーカーに牛乳パックをセット。今回使用したヨーグルトメーカーは牛乳パックのままセットできるので衛生的で簡単です。自動メニューの”プレーン”を選んでスタートボタンをぽちっとな。温度は42℃、タイマーは9時間です。さて9時間後はどうなっているのか、乞うご期待。

 

f:id:mokkum:20190321095118p:plain

 

追加発酵、追加発酵、そして

9時間後、牛乳パックを開けます。緊張の一瞬。あれっ!? 固まってない。では、ひと口味見をば。う~ん、牛乳感が残っている。牛乳:ヨーグルト=50:50って感じです。これじゃイカン。もっと発酵させねば。

 

f:id:mokkum:20190322082613p:plain

 

追加発酵しました。42℃で2時間。見た目はさっきと一緒。そして味見をば。うん、これは飲むヨーグルトそのものだ。牛乳感はほとんど無くなりました。でもまだサラサラ。もっと発酵させるか。さらに2時間追加発酵

 

f:id:mokkum:20190322082624p:plain

 

おぉ~、固まっとる。やったー、成功。牛乳パックのまま冷蔵庫に入れて冷やします。おいしくなりますよに。

 

f:id:mokkum:20190322082633p:plain

 

翌朝、パイナップルと一緒にいただきました。ヨーグルトの味は、優しい感じで、砂糖を加えてないけど、甘みがありました。ブルガリアヨーグルトのような酸っぱさは少ないです。パイナップルの酸っぱさとイイ感じにマッチしています。美味しかったです。

 

感想

結局発酵は、9時間+2時間+2時間、計13時間かかりました。思ったより長かったです。どうやら気温が低いのでヨーグルトメーカーの熱が外に逃げていたようです。ネットては、気温が低い時期は、全体をタオルで覆うと良いとか、なるほど。

今回は初めてのヨーグルトメーカーの使用でした。試行錯誤でやりましたが、最終的には美味しいBifiXヨーグルトが完成しました。112mlの飲むヨーグルトから1000mlのヨーグルトが複製できました。十分満足できるコスパです。これからいろんな種類のヨーグルトにチャレンジしたいと思います。

 

後日談になりますが、出来たヨーグルトはほとんど妻が一人で食べました。その後、久しぶりにお通じが来たとの事。よかったよかった。

 

ではでは。

 

↓ 今回使ったヨーグルトメーカー