中年もっくんの投資と闘病の話

病気に負けず勤勉・倹約・投資をモットーに豊かな生活を目指すブログ

今週の透析弁当 2019年 第25週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。ご飯は180g、弁当全体で500gになり、その分が当日の除水量にプラスされます。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

菜飯、鰆のムニエル、筍の土佐煮、ブロッコリーサラダ、リンゴ。ご飯は具がほんのちょっぴりなので白米とあんまり変わらない味でした。鰆は身が柔らかくて食べやすかったです。

 

f:id:mokkum:20190622100443p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 675mg リン 280mg 食塩1.6g

 

水曜日の弁当です。

焼肉、高野豆腐の煮物、大根サラダ、白桃。安定の焼肉、おいしくいただきました。ポテトはカリウムが高いので、透析弁当ぐらいでしか食べないです。

 

f:id:mokkum:20190622100452p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 642mg リン 269mg 食塩1.8g

 

金曜日の弁当です。

サバの塩焼き、ミニ天ぷら、きゅうりの酢の物、ミカン。今週二度目の魚でした。魚の場合は骨が全て抜かれてあり、手間がかかるのであんまり出ないんですが。

 

f:id:mokkum:20190622100502p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 528mg リン 264mg 食塩1.7g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第24週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。ご飯は180g、弁当全体で500gになり、その分が当日の除水量にプラスされます。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

鶏肉のおろし煮、スパゲティサラダ、ちんげん菜のお浸し、パイナップル。今回はおかずがキチキチに詰まっていて、ボリュームがありました。主菜は鶏肉の天ぷらに大根おろしがかかったものでしたが、衣が大根おろしでふにゃふにゃでした。あんなもんなのかな?

 

f:id:mokkum:20190620184919p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18g カリウム 577mg リン 233mg 食塩1.5g

 

水曜日の弁当です。

アジフライ特製ソース、大根の煮物、ほうれん草サラダ、黄桃。今回は、おかずがスカスカ・・・。↑とは空間の隙間が違うでしょ。おかずを温存しながらいただきました。

 

f:id:mokkum:20190620184929p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 677mg リン 269mg 食塩1.8g

 

金曜日の弁当です。

豚の角煮、千切り大根の煮物、キャベツサラダ、みかん。角煮はよく煮込んであって、柔らかかったです。冷えたせいか、豚の脂が白く固まってて、チンして食べたらもっと美味しくいただけたんですが。

 

f:id:mokkum:20190620184939p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18g カリウム 649mg リン 230mg 食塩1.5g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

【透析】オンラインHDFのススメ

こんにちは、中年もっくんです。

 

久しぶりに透析ネタです。

 

f:id:mokkum:20190621132508p:plain

 

 

血液透析とは

普通の人には馴染みのない血液透析、でも聞いたことはあると思います。

腎臓は余分な水分や毒素を除去して体内を浄化する役割を持っています。しかし、腎臓の働きが悪くなると、この浄化が充分に行えず、体内に老廃物が蓄積してきます。これにより尿の異常、部分的なむくみ、高血圧になることがあります。腎不全というやつですね。腎不全の原因疾病は、第一位は糖尿病、第二位は慢性糸球体腎炎、第三位は腎硬化症、そして第四位に多発性嚢胞腎。自分は多発性嚢胞腎が原因疾病で、50歳から透析療法のお世話になっています。

腎不全の治療法として、血液透析療法(治療というより延命)と腎臓移植がありますが、日本では移植は少なく(何十年も献腎移植の順番待ち)、多くの人は透析療法のお世話になっています。

血液透析は「Hemodialysis」を略して「HD」とも呼ばれます。血液透析では、 血液を体内から外部へと出して機械を通して血液をきれいにし、再び体内に循環させます。機械の中で(ダイアライザーと呼ばれるフィルターみたいなものの中で)毒素を含んだ血液は透析液に接触し、拡散という現象を利用し、毒素は透析液の方にゆっくり移動していきます。これで血液が浄化されます。

ダイアライザーにはストロー状の中空糸が8000~20000本束ねられて入っており、中空糸の中を血液が通過し、外側を透析液が逆方向から通過することによって拡散と限外濾過が行われます。この中空糸は直径は約200μm(約0.2mm)、厚みは約15~45μm(約0.015~0.045mm)で、直径50~150オングストローム(1オングストローム=10のマイナス10乗メートル)という非常に小さな穴が無数に存在します。その穴を経由して毒素が透析液の方に移動します。

 

オンラインHDFとは

一般的な血液透析(HD: Hemodialysis)は、上記の通り拡散を利用して、ゆっくり、じわーっと毒素が透析液に移動します。この時、ダイアライザーの穴がとても小さいので、低中分子蛋白といわれる物質は小さな穴を通りにくく、比較的に除去が難しいです。

オンラインHDF(Hemo Dialysis Filtration:血液濾過透析)では、 血液に透析液を加え、圧力をかけて、ぎゅーっと毒素を押し出します(前希釈法)。 血液透析では除水と呼ばれる行為が行われますが、補液を行い、積極的な除水を行う感じです。ぎゅーっと押し出すので、比較的に大きな毒素を除去することができます。

比較的に大きな毒素の中にβ2-ミクログロブリンという物質があります。これは関節や骨に沈着して神経を圧迫し、手の親指から中指にかけて痛みやしびれが出現する手根管症候群などを起こし、ひどくなると手術が必要になってきます。透析を長期続けると起こってくる合併症のアミロイドーシスというやつです。オンラインHDFではβ2-ミクログロブリンを積極的に除去することで、このような合併症を予防することができます。

その他にもオンラインHDFの長所がいくつか報告されています。

・透析中の血圧低下を防止する
・むずむず脚症候群(レストレスレッグ症候群)を軽減する
・かゆみを低減する
・食欲の改善

血液に加えられる透析液は厳重な水質管理をしていなければなりません。通常透析液は細菌の成分であるエンドトキシンという物質で汚染されています。しかし、オンラインHDFを行うためには、細菌やエンドトキシンを測定感度以下になるまで清浄化させなくてはなりません。そのような設備が必要なため、残念ながらオンラインHDFに対応したクリニックは多くはありません。今後は増えると思いますが。 

オンラインHDFに対応しているクリニックは、それをウリにしているので、クリニックのホームページを確認すると、対応しているかわかる場合もあります。

 

オンラインHDFに代わってから

自分の場合は、最初は通常の血液透析(HD)でした。途中からコンソール(透析装置)が一斉に更新され、オンラインHDFに対応できるようになったので、すぐに導入をお願いしました。

HDの時代は、痒みに悩まされ、レミッチという薬を飲んでいました。オンラインHDFに代わってから三か月ぐらいでレミッチを卒業しました。

あと、脚が何となくだるい感じがありましたが、オンラインHDFになってから、だるさが軽減したような気がします。

その他には変わったことはないのですが、きっと10年、20年後の状態がずいぶん違うはずです。

 

今回はオンラインHDFという種類の透析の話でした。HDFの普及率は2016年末の統計調査では24.4%だそうです。透析患者の中にはHDFが必要なのに、それ自体を知らない患者さんも多いと思います。 より良い医療を受けるためには患者自身の勉強も必要です。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

今週の透析弁当 2019年 第23週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

かやくご飯、サバの塩焼き、高野豆腐の煮物、きゅうりサラダ、黄桃。かやくご飯は薄味でgood。サバの塩焼きは結構塩辛かったです。あれで食塩1.6gなのかな。普段は減塩生活なので、普通の味付けは塩辛く感じます。

 

f:id:mokkum:20190620184757p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 552mg リン 296mg 食塩1.6g

 

水曜日の弁当です。

ポークチャップ、茄子の煮物、きゅうりの酢の物、みかん。ポークチャックは甘くて子供向けかな。今の時期、ナスはいい味出しています。

 

f:id:mokkum:20190620184808p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18.6g カリウム 648mg リン 243mg 食塩1.9g

 

金曜日の弁当です。

エビフライ、切り干し大根の煮物、白菜のお浸し、 白桃。大好きなエビフライ、チープな味がいいです。尻尾まで美味しく頂きました。

 

f:id:mokkum:20190620184817p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 15.3g カリウム 427mg リン 210mg 食塩1.8g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第22週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

鶏の親子煮、春雨サラダ、インゲンの和え物、ミカン。主食は一口サイズに切ってあり、片手でも食べやすかったです。鶏肉のボリュームも文句なし。卵とじが多くて、鶏肉が写真では見えませんが。

 

f:id:mokkum:20190620184632p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 593mg リン 297mg 食塩1.8g

 

水曜日の弁当です。

アジの竜田揚げ、金平ごぼう、小松菜サラダ、リンゴ。主菜のアジは骨抜きされてて食べやすかったです。金平ごぼうはボリューム満点。

 

f:id:mokkum:20190620184643p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 639mg リン 301mg 食塩1.6g

 

金曜日の弁当です。

煮込みハンバーグ、マカロニサラダ、胡瓜の酢の物、パイナップル。ハンバーグは柔らかく煮込んでいて、年寄りには安心、自分には歯ごたえが物足りないけど。マカロニサラダはもう少しマヨネーズが多い方が好みですね。

 

f:id:mokkum:20190620184652p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 525mg リン 238mg 食塩2g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第21週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

チキン南蛮、筍の土佐煮、三色なます、ミカン。チキン南蛮は大好きなんですが、今回のはチキンの下味がいまいちでした。

 

f:id:mokkum:20190620184508p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 663mg リン 264mg 食塩1.8g

 

水曜日の弁当です。

菜飯、サバの塩焼き、ちくわの磯辺揚げ、ほうれん草サラダ、黄桃。菜飯といっても、ちょっぴりしか入ってません。練り物はリンが多いので日頃は控えています。久しぶりにちくわを食べました。

 

f:id:mokkum:20190620184517p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 565mg リン 262mg 食塩1.5g

 

金曜日の弁当です。

牛肉と筍のオイスターソース炒め、ごぼうサラダ、胡瓜の酢の物、白桃。主菜は筍が多め。ごぼうサラダはほんのり甘くて美味しかったです。

 

f:id:mokkum:20190620184526p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 664mg リン 258mg 食塩1.5g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第20週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

カレイのタルタル焼き、ナスの田舎煮、小松菜のお浸し、みかん。今回の弁当は外れかな、主菜のカレイが小さい。二口で終わってしまいました。

 

f:id:mokkum:20190620184345p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 628mg リン 269mg 食塩2g

 

水曜日の弁当です。

鶏の唐揚げ、春雨サラダ、もやしの和え物、パイナップル。安定の唐揚げ。春雨サラダは水分でびしょびしょの時が多いですが、今回は大丈夫でした。

 

f:id:mokkum:20190620184355p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 473mg リン 248mg 食塩1.6g

 

金曜日の弁当です。

太刀魚の蒲焼風、マカロニサラダ、ほうれん草のお浸し、リンゴ。太刀魚が少し生臭かったです。マカロニサラダを最後まで温存して、口直しにしました。

 

f:id:mokkum:20190620184406p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 548mg リン 263mg 食塩1.8g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第19週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

煮込みハンバーグ、レンコンサラダ、ほうれん草のおかか和え、黄桃。レンコンがシャキシャキしてて美味しかったです。

 

f:id:mokkum:20190620184159p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18.6g カリウム 674mg リン 233mg 食塩1.6g

 

水曜日の弁当です。

アジフライ特製ソース、切り干し大根の煮物、春雨の酢の物、リンゴ。特製ソースはしっかり味が付いていてご飯に良く合います。春雨は少し硬かったかな。

 

f:id:mokkum:20190620184211p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 460mg リン 268mg 食塩2g

 

金曜日の弁当です。

エビフライ、高野豆腐の卵とじ、キュウリの酢の物、白桃。エビフライがふにゃふにゃですが、贅沢は言えませんね。

 

f:id:mokkum:20190620184221p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 343mg リン 281mg 食塩1.6g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第18週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

サバの塩焼き、若ごぼうの天ぷら、キュウリの酢の物、パイナップル。サバは脂がのってて美味しかったです。若ごぼうは筋っぽくて、なかなか飲み込めない。年寄にはきついかも。

 

f:id:mokkum:20190620183955p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 497mg リン 277mg 食塩1.6g

 

水曜日の弁当です。

赤飯、天ぷら、若竹煮、三色なます、りんご。令和の始まりの記念で赤飯です。赤飯の時はいつも主菜は天ぷら。

 

f:id:mokkum:20190620184006p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18.4g カリウム 670mg リン 286mg 食塩1.9g

 

金曜日の弁当です。

鶏の唐揚げ、ごぼうサラダ、ほうれん草の土佐和え、みかん。今回は大きな唐揚げが3つ、中ぐらいが1つ入っていて、計4つでボリュームがありました。 

 

f:id:mokkum:20190620184014p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 18.9g カリウム 676mg リン 255mg 食塩1.7g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第17週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

牛肉のしぐれ煮、炒り豆腐、三色なます、リンゴ。今日の弁当はハズレでした。主菜は玉ねぎとタケノコばかりで、牛肉が少なかったです。たまにこんなことがあります。

 

f:id:mokkum:20190620183706p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 669mg リン 291mg 食塩1.8g

 

水曜日の弁当です。

アジの竜田揚げ、大根の煮物、きゅうりサラダ、黄桃。アジは一口サイズにカットしてて、骨抜きで食べやすいです。大根はしっかり煮込んでて柔らかかったです。さすが病人食。

 

f:id:mokkum:20190620183737p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 681mg リン 293mg 食塩1.8g

 

金曜日の弁当です。

チキンカツ特製ソース、金平ごぼう、ポテトサラダ、みかん。特製ソースは甘辛でご飯に良く合います。金平ごぼうはニンジンがやけに多かったです、栄養のバランスかな? 

 

f:id:mokkum:20190620183755p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 562mg リン 266mg 食塩1.9g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

今週の透析弁当 2019年 第16週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

太刀魚の蒲焼風、筍の土佐煮、胡瓜サラダ、梨。太刀魚って骨が多いけど、年寄り向けに骨無しです。食べやすいです。

 

f:id:mokkum:20190620182836p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 648mg リン 270mg 食塩1.6g

 

水曜日の弁当です。

鶏の唐揚げ、高野豆腐煮物、大根のナムル風、白桃。唐揚げはしっかり下味が付いていておいしかったです。

 

f:id:mokkum:20190620183113p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 605mg リン 274mg 食塩1.9g

 

金曜日の弁当です。

豆ごはん、サバの塩焼き、若ごぼうの天ぷら、春雨の酢の物、みかん。豆ごはんが出ると春が来たなぁ~って感じです。塩気が足りないけど、病人食なんで仕方ないですね。

 

f:id:mokkum:20190620183140p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 482mg リン 266mg 食塩1.5g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

透析患者の痒みの話 原因と対策

こんにちは、中年もっくんです。

 

透析患者さんは痒みに悩まされている人は多いと思います。自分も透析導入前は痒みに難儀していました。毒素がたまっていたんでしょうね。今はオンラインHDF導入で痒みもずいぶんマシになりました。今回は透析患者の痒みについて記事にしたいと思います。とは言っても、自分は医療関係者ではないので、痒みに悩んでいる方は主治医に相談してくださいね。

 

f:id:mokkum:20190621133527p:plain


 

 

透析患者の痒みの現状

透析患者の日常生活で最も悩まされる問題のひとつが痒みです。透析患者の7~8割は痒みを訴えているそうです。また、その中の半数ぐらいは中程度以上の痒み(かなりかく、かき続ける状態)を訴えているそうです。痒みの強い患者では透析治療に対する満足感が低く、高度の睡眠障害も報告されています。国際的な調査では、痒みの程度と生存率が関連していることが明らかになっています。痒みといってもバカにできません。

 

痒みの原因

痒みの原因は腎不全に由来するものと皮膚に由来するものがあります。

 

腎不全由来の原因

慢性腎不全では、副甲状腺からホルモン(PTH)が過剰に分泌され、骨から血液中にカルシウムが流出し、血液中のカルシウム濃度を必要以上に上昇させてしまう病気(二次性副甲状腺機能亢進症)を発症します。また、尿からリンを排泄することもできません。血液中のカルシウムやリン濃度が上がりすぎると、皮膚組織内にリン酸カルシウムの微細な結晶が沈着します。これが痒みを引き起こす原因のひとつだと考えられています。 また、通常透析で十分に取り除けないβ2-マイクログロブリンという物質があり、骨や関節だけでなく、皮膚組織にも沈着します。これも痒みを誘発する原因であると考えられています。

 

皮膚由来の原因

皮膚表面の角質層はバリアの役目を果たしますが、透析を始めると汗腺が萎縮して汗が出にくくなるため、角質層内の水分が減少し、皮膚が乾燥して外からの刺激に敏感になり、痒みが起こりやすくなります。さらに透析患者は皮膚が薄く、皮膚表面が アルカリ性に傾いているため、皮膚を守る力が低下しています。これらにより、様々な皮膚病が引き起こされます。

 

痒みの対策

リン酸カルシウムの沈着を防ぐために、血中リン濃度のコントロールが必要です。透析患者は定期的に血液検査を実施していて、その結果により適切な薬が処方されていると思います。もちろん、薬に頼らず、食事によるリン制限も大切です。また、毒素をしっかり抜くために、長時間透析も有効です。さらに、β2-マイクログロブリン除去のためにはオンラインHDFが有効であるといわれています。

 

www.mokkum.jp

 

皮膚の乾燥による症状の場合は、皮膚保湿剤ウレパールクリーム(尿素製剤)やヒルドイドローション (ヘパリン類似物質含有軟膏)などの保湿剤が用いられます。皮脂が欠乏している場合には、白色ワセリンが用いられます。これらの塗り薬により、皮膚角層に水分や油 分を補うことで潤いを回復させることが期待でき、さらに、角質層機能が保持されることにより、痒みが緩和されます。

透析患者は、アレルギーの原因物質であるヒスタミンという物質に対して過敏になっています。この場合には、抗ヒスタミン剤の塗り薬が有効です。抗ヒスタミン剤には塗り薬のほかに飲み薬や注射薬などがありますが、中には眠くなる副作用が強いものもあります。

抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、保湿剤、外用ステロイド剤等、従来の治療法では効果が不十分な場合は、オピオイドカッパ(κ)受容体作動薬(レミッチなど)という透析患者に処方される新薬もあります。

 

体験談

透析導入前は、抗ヒスタミン剤の塗り薬レスタミンコーワクリームを愛用していました。足のひざ下が痒くて、かいたらさらに痒くなる悪循環でした。痒さ低減のために早めに透析導入したくらいです。

透析導入中は枕が変わったためか頭や全身が痒かったです。結構神経質なんです。それで、オピオイドカッパ(κ)受容体作動薬のレミッチを処方されました。痒みがマシになったような、変わらないような、微妙な感じでした。今もそうなんですが、痒みって意識しないとそんなに痒くない。意識したり、ちょっとした刺激で痒くなる。かいたら、さらに痒くなる。厄介な奴です。

維持透析に移ってからは、普段は保湿のためにヒルドイドローションを塗っています。透析直後は、テープ跡が痒いので、冷えた止痒水(しようすい;液状フェノール と無水エタノールとメントールとグリセリンが入った水溶液で塗ったらスッとします)をカーゼに垂らしてヒタヒタと腕に塗っています。それでも痒いときは帰宅したら抗ヒスタミン剤の塗り薬レスタミンコーワクリームを塗っています。「塗ったら治る」と意識に刷り込まれているので、痒みは止まります。

1年前ぐらいからクリニックの透析用コンソールの入れ替えがあって、オンラインHDF対応になりました。すぐさま「オンラインでお願いします」と懇願して、オンラインHDF導入になりました。それで痒みがずいぶんマシになり、二か月前からレミッチを卒業しました。レミッチって薬価が高いんですよね(1340.9円/錠)。難病の医療費助成制度で実費はゼロなんですが、公費は節約しないといけませんよね。

 

ということで、今回は透析患者の痒みについて記事にさせていただきました。食事制限や軟膏を塗るなどの自己管理で、結構改善されると思います。おすすめはオンラインHDFの導入です。痒みだけではなくて、いろんな利点があるのでクリニックが対応していたら積極的に導入をお願いしてはいかがでしょうか。オンラインHDFについても、そのうち記事にできたらと思います。

 

ではでは。 

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

透析患者と果物(カリウム)の話

こんにちは、中年もっくんです。

 

先日、親戚からイチゴ狩りに行ったおすそ分けを頂きました。

 

f:id:mokkum:20190621103622p:plain

 

イチゴは大好きなので、とても嬉しいのですが、なにせ透析患者はカリウム制限があります。果物は、健康体の人にとってはビタミン豊富で、積極的に摂取すべき食べ物です。しかし、透析患者はカリウム制限があるので、摂取量をセーブしないといけません。一日に食べられる目安を調べたので記事にして残しておきます。

 

 

透析患者とカリウム

カリウムは生命活動を維持するうえで大切なミネラルで、体内では一定のカリウム濃度が保たれています。通常カリウムは、その90%が腎臓から尿中に排泄されることで、体内のバランスが保たれています。腎不全になると、尿量の低下とともに、カリウムの排泄量も低下するため「高カリウム血症」を起こします。

高カリウム血症の症状は、
・脈の乱れ、動悸、息苦しいなどの心筋障害
・手足のしびれ、筋肉の脱力感などの神経症状
・吐き気、嘔吐などの消化器症状
・意識障害などです。
最も深刻な問題となるのが心筋障害で、カリウム値が高くなると不整脈などが出現し、最悪の場合は心停止に至ることもあります。

透析患者の場合、血液検査のカリウム値は5.5mEq/L以下が目標で、5.6~5.9は要注意、6.0以上は危険領域になります。

 

果物の1日の摂取量

1日の果物からのカリウム摂取量の目安は100㎎だそうです。各果物では、以下のようになります。

りんご 1/2(90g)
ぶどう 小1房(80g)
すいか 80g
みかん 1個(70g)
グレープフルーツ 1/4個(70g)
もも 1/2個(60g)
びわ 2個(60g)
いちご 3個(50g)
巨峰 10粒
オレンジ 1/4個(50g)
柿 1/2個(50g)
メロン 30g
バナナ 1/3本(30g)
キウイ 1/2個(30g)
干し柿 12g

カリウムは細胞の中に存在し、水やお湯に溶けるので、野菜などは小さく切って「湯でこぼし」「流水にさらす」などを行い、カリウム成分を少しでも除くことができますが、果物はそれが出来ないので、摂取量を減らすしかないですね。

頂いたイチゴは、小粒だったので5粒ほどミルクと一緒においしくいただきました。ちなみに妻と息子は自分の3倍ぐらい食べていました。ウラヤマシイ。

 

f:id:mokkum:20190621103645p:plain

 

食べるタイミング

増えたカリウムを透析で抜くことができ、体内の貯留時間が短くなるので、透析前がいいです。自分は透析中にフルーツジュースやフルーツオーレを飲む時があります。同じクリニックにはフルーツ持参で来られる患者さんもいます。前にちらっと見たことがあるんですが、あるクリニックでは、休憩室にフルーツが置いてて、患者が自由に食べられるそうな(量に制限ありますが)。すばらしいサービスですね。

一般的な週3日の透析を受けていると、透析間隔が2日空く場合があります。月・水・金曜日の人は土日曜日、火・木・土曜日の人は日月曜日ですね。この日にカリウムを摂取しすぎると、体内のカリウムの蓄積量が多くなるので、避けるべきです。
もちろん、血液検査でカリウム値が高い時は、果物を食べるのを控えるべきです。

 

透析患者さんは日々、食事・飲水制限で苦労されていると思います。でも、少量なら何でも食べられるので、好きな物、おいしい物を少しずつ食べて満足感を得ましょうね。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

今週の透析弁当 2019年 第15週目

こんにちは、中年もっくんです。

 

腎臓病で血液透析を行っていることはプロフィールに書いていますが、フルタイムで働いているので、月・水・金曜日の夜間透析です(土曜日は昼間の透析)。夕方5時半に病院に入って10時に病院を出ます。なので、晩御飯は弁当を注文しています。値段は570円です。当然ですが、透析患者用に、 エネルギー・蛋白質・カリウム・リン ・食塩がコントロールされています。除水量は弁当の分+500gになります。働き盛りの中年もっくんには少々物足りない量ですね。毎週末に3日分の弁当を紹介しています。

 

さて今週の弁当はじゃじゃ~ん。

 

まずは月曜日の弁当。

牛肉の山椒炒め、れんこんサラダ、インゲンの和え物、梨。主菜は山椒炒めとありますが、ピリリとした山椒の味ではなくて、優しい味です。

 

f:id:mokkum:20190620182304p:plain
エネルギー600kcal 蛋白質 18.5g カリウム 661mg リン 270mg 食塩1.9g

 

水曜日の弁当です。

アジの竜田揚げ、春雨サラダ、小松菜の和え物、パイナップル。いつも春雨サラダは水分が多くて、揚げ物と一緒の時は残念な結果になります、べしょべしょ。

 

f:id:mokkum:20190620182333p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 481mg リン 282mg 食塩1.9g

 

金曜日の弁当です。

ポークチャップ、厚揚げ煮、ひじきのごまクリーム和え、ミカン。主菜は甘めのケチャップ味でした。ひじきも甘めで、お子ちゃまな弁当でした。

 

f:id:mokkum:20190620182353p:plain

エネルギー600kcal 蛋白質 20g カリウム 648mg リン 264mg 食塩2g

 

ではまた来週。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ

www.mokkum.jp

長時間透析のススメ。

こんにちは、中年もっくんです。

 

いまお世話になっているクリニックでは週4回の透析を行っています、今回は長時間透析のお話です。

 

f:id:mokkum:20190621132508p:plain

 

 

長時間透析とは

長時間透析研究会では、「長時間透析とは週18時間以上(週3回であれば1回6時間以上、隔日では1回5.0時間以上)の透析治療」と定義されています。

日本透析医学会のガイドライン(維持血液透析ガイドライン:血液透析処方2013年 第5章発展的血液浄化法 Ⅲ.透析スケジュール 冒頭の解説)には、「現状の血液透析治療は間歇的治療であり、 多くの症例は週あたり12時間しか治療されていないため腎機能の代行は不完全である。この標準血液透析は生命を維持する最低限の治療であり、 そのため透析関連合併症が発生し生命予後が不十分となる。これを解決する最もよい方法は、週あたりの透析時間の増加であり長時間血液透析や頻回血液透析が有用である。また、現状の透析治療で安定している症状においても、週あたりの透析時間を増加することにより、内部環境をより健常な腎機能の状態に近づけることが可能となり生命予後の改善が期待される」 と解説されています。

透析量の指標にHDP(Hemodialysis Product)と呼ばれるものがあります。1回の透析時間 ×(週の透析回数×週の透析回数)で計算します。標準の週3回・4時間透析ならHDPは36になりますが、HDPは70以上が望ましいと言われています。自分の場合は週4回の4時間透析なのでHDPは64になります。HDP70までもう少し。仕事が休みの時は4.5時間透析をお願いしています。リタイア後は週4回の5時間透析(HDP80)を予定しています。

腎臓は毎日休むことなく働き、1週間に168時間活動しています。透析はその腎臓の代わりを行う治療ですが、標準的な週3日の4時間透析では不十分で、より多くの尿毒素の除去、身体への負荷の少ない除水、これらを行うには長時間透析を行う必要があります。

 

長時間透析のメリット

長時間透析を勧めているクリニックのHPには次のように紹介されています。

・除水が緩やかなため、身体の負担が減り、血圧低下や透析後の疲労感・倦怠感が少なくなる。

・標準的な血液透析に比べてより多くの尿毒素の除去が可能になり、内服薬が減量し、かゆみが改善します。

・食事制限が緩くなる(適度のカリウム制限と塩分制限(水分制限)以外は基本的に自由食)。

・今よりももっと元気になり、さらなる社会復帰が可能となります。

かわせみクリニックの鈴木一之院長が執筆された「透析医が透析患者になってわかったしっかり透析のヒケツ―エビデンスに基づく患者さん本位の至適透析」という書籍があります(今はAmazonでも中古しか売られていないようです)。自分も透析導入入院中は本書をかなり読み込みました。先生は自分と同じ多発性嚢胞腎で透析患者です。長時間透析のメリットを詳しく説明されているのでお勧めです。

自分の場合は透析日が、月・水・金(夜間)・土(昼)の週4ですが、金・土と2日連続の透析なので、体重の増加が少なく、金曜日の透析後は比較的自由に飲み物を飲んでいます。金曜日の夜はビール飲んだり、サイダー飲んだり、土曜日の朝はコーヒー牛乳やフルーツオーレ、みっくちゅじゅーちゅ、なんていうのも飲んでいます。それで土曜日の除水は1.5kgぐらいです。あと、透析導入時は痒みがひどく、レミッチを飲んでいたのですが、今は飲まなくても大丈夫になりました。

 

長時間透析のデメリット

デメリットは拘束時間が延びることぐらいです。仕事を続けながらの長時間透析は難しいかもしれません。しかし、一般的なサラリーマンなら土日は休みなので、自分のように週4回の4時間透析なら敷居は高くないと思います。病気の事を考えれば、多少の時間の拘束は我慢できます。

 

さいごに

自分がお世話になっているクリニックでは長時間透析を選択しているのは自分もいれて二人しかいません。もう一人の方は女性なんですが、見るからに元気で、大きな声でお喋りしておられます。長時間透析を選択しても、患者の金銭的な負担増はありません。クリニック側にはわずかな負担増はあります。でも心あるドクター達は、長時間透析を推奨して、患者の為に動いてくれます。

クリニックのある患者さんが「こんなにしんどい透析をなんで週に4回もやるんですか」と聞いてきました。「いえ、透析不足だからしんどいんです。だから長時間透析が必要なんです」と言っても、理解はしてもらえませんでした。お世話になっているクリニックでも、長時間透析をお願いしたのは自分からです。

話は変わりますが、オンラインHDFという透析があり、お世話になっているクリニックでは1/3ぐらいの患者さんがオンラインHDFを選択されています。長時間透析にしても、オンラインHDFにしても、世間の認知度は低く、クリニック側から勧めてくれるのはレアケースです。今の時代は多くの情報がネットで手に入ります。患者自身も勉強してより良い医療を選ぶべきです。まだ現役で働いている方には長時間透析を強くおすすめします。

 

ではでは。

 

にほんブログ村 病気ブログ 腎臓・尿・膀胱の病気へ